2018-01-12

Xiaomi(小米)が10ヶ月で年間150億米ドルの2017年売上目標を達成

“年間売上は目標より18%を超える可能性がある”

中国スマホメーカーのXiaomiがIPOを検討していて、2017年の目標売上を2ヶ月前倒しで達成しているようです。

XiaomiのスポークスマンKaylene Hong氏によると、Xiaomiが10月末までの売上が1,000億人民元(150億米ドル)を超え、最終売上が目標の18%を超える可能性があります。

Xiaomiは2014年のとき中国のスマホ販売数がトップになったが、マーケットシェアがOppo社とVivo社など中国ローカルの強い競合に奪われてきました。Xiaomiは海外進出も積極的であり、インドや東南アジア地域での存在感も日々上がっています。中国国内の実店舗、Xiaomiストアなども展開しています。

Xiaomiが2014年に投資を受けた時、450億米ドルのバリュエーションになっていました。2017年の純利益が20億米ドルになる可能性もあるため、IPOする場合、少なくとも1,000億米ドルのバリュエーションを目指しているようですね。もしXiaomiが2018年に上場する場合、2014年Alibaba上場以来最大のテック企業のIPOになる可能性が高いです。




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です