2019-03-24

ライドシェアLyftのIPOロードショー

米国ライドシェア大手LyftのIPOロードショーは月曜日から開始しました。その状況から見ると、調達予定の20億米ドルはすでに調達できたようで、バリュエーションも想定の230億米ドルより高くなる可能性がある現状です。

LyftのIPO申請資料によりますと、3077万のAタイプ普通株を発行して、20億米ドルを調達予定です。株価は62ドルから68ドルを想定しています。

成長

Lyftは2012年に設立された後、合計51億米ドルを調達しました。2017年4月のバリュエーションは75億米ドルでしたが、2018年6月Fidelity Investmentの6億米ドルの投資した後、バリュエーションは151億米ドルに達していました。

Lyftの成長も速いです。2018年の売上は21.6米ドルでして、2017年の10.6億米ドルの売上より倍以上の成長を達成しました。合計ライドシェア回数は10億回以上で、3070万ユーザと190万ドライバーを抱えているようです。

一方で、Lyftの赤字も拡大しています。2017年の赤字は6.9億米ドルだが、2018年は9.1億米ドルになっています。ただ、売上の成長は赤字の拡大より高いため、事業状況はポジティブだと見られます。

勝ち筋

IPOのロードショーで、Lyftのco-founderのJohn Zimmer氏は下記5つのポイントはLyftの勝ち筋だと説明しています。

  • Lyftはfounderたちがリードする会社である
  • 成長が速くて大きなマルチモデル運輸ネットワークを有する
  • Lyftは消費者のライドシェアだけフォーカスしている。フードデリバリーやトラック業務もない
  • 信頼されている強いブランドを持っている
  • 正しい自動運転の戦略を持っている

この説明の中にはUberの名前を明確的に言及していないですが、これらのポイントはすべてUberと対照的にまとめたポイントだと思われます。

Among those reasons, Zimmer says, “We are founder-led. We have one of the largest and fastest-growing multimodal transportation networks. We are solely focused on consumer transportation. Not food. Not trucking. We have a strong brand based on our strong values. And we have the right autonomous strategy.

Lyftに投資すべきか

Lyftは2017年Snapの後IPOする最大のテック企業であり、アメリカテックもしくはインタネット企業の10番目大きいなIPOです。

一部のメディアはLyftのIPOに対してネガティブな評価をしていますが、多くのアナリストの分析によるとLyftは実はポジティブな未来があります。過去の2年間ライドシェア業界はかなり激しかったにも関わらず、Lyftの市場シェアは22%から39%まで成長してきました。これはライドシェア領域でLyftは業界最大手のUberと戦える力がある証です。

ライドシェア市場自体も成長市場であり、これからLyftと提携する自動車メーカーや自動車パーツメーカーもどんどん多くなっていきます。フォード社もLyft社と提携して自動運転の技術を実証確認しています。

まとめ

専門家の試算によりますと、

  • 自分で自動車を運転するコストは0.6ドル〜1ドル/マイル
  • LyftもしくはUberで出かける場合のコストは2.5ドル〜3ドル/マイル

になります。ただし、自動運転実現できたら、そのコストは3分の1を削減できると想定しています。そうなると、自動運転とライドシェアの組み合わせて、自動車および現状の交通サービス業界を覆す可能性が十分にあります。Lyftはちょうどこの革命の真ん中にいますので、十分チャンスがあると思われています。




follow us in feedly

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です