2019-02-03

信陽毛尖(シンヨウモウセン) 茶

信陽毛尖(シンヨウモウセン)茶は中国の十大銘茶(ちゅうごくじゅうだいめいちゃ)の1つです。補足:中国十大銘茶(ちゅうごくじゅうだいめいちゃ)とは、中華人民共和国において銘茶として認められた中国茶のことです。
本記事では、河南省の信陽毛尖茶を紹介します。

信陽毛尖茶について

信陽毛尖茶は緑茶で、産地は河南省の信陽市の平橋区や羅山県あたりにあります。最初は漢族の茶農家で開発されたということです。中国の民国時代、信陽の本山毛尖茶の品質はとても高かったため、信陽五区で生産されたものは正式に「信陽毛尖」と命名されました。
1915年のパナマ万博で、中国の銘酒茅台酒と一緒に金賞を受賞したそうです。信陽毛尖茶は「緑茶の王」とも評価されています。2017年、中国のお茶産地のブランド価値の評価において、信陽毛尖茶は59.91億元のブランド価値としてランキングの2位を獲得しました。

信陽毛尖茶の産地

信陽毛尖茶の産地は下記になります。
河南省信陽市の溮河区車雲山、集雲山、雲霧山、天雲山、連雲山、黒龍潭、何家潭、何家寨であります。「五雲両潭一寨」とも言われています。

信陽毛尖茶の特徴

信陽毛尖茶の色はとても鮮やかで、ピュアな緑です。信陽毛尖茶の匂いは高雅で爽やかであります。お湯に入れた後、香りも長く続く、喉に入った後の後味は渋く甘く長く続きます。

信陽毛尖茶の効果・効用

信陽毛尖茶の効果・効用を簡単に説明します。
栄養及び体への効果
信陽毛尖茶は豊富なタンパク質、アミノ酸、茶葉酸、有機酸などを含めています。ビタミンA、B1、B2、Cなども含まれています。動脈硬化やガンなどの予防効果があると言われています。信陽毛尖茶を飲み続けると、血圧を下げる効果も期待できます。
脂肪類の分解と転換への効果
信陽毛尖茶の中には、アルカリ、アデノシンなどの生物学的塩基が存在し、リン酸、ビスマス等の物質とのATP、GTP等の化合物もあります。このような物質は脂肪類の代謝には重要な役割を持っています。このような化合物は脂肪類の分解と転換を促進します。そのため、信陽毛尖茶を長期で継続的に飲むと、ダイエット効果も期待できそうです。

まとめ

信陽毛尖茶は美味しい緑茶で、健康にも効果を期待できるため、機会があればぜひ飲んでみてください。




follow us in feedly

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です