2019-03-13

XiaomiはAI領域における特許申請数はグローバル11位に

XiaomiのCEO雷軍氏によると、XiaomiのAI領域における特許の申請数はグローバル11位になりました。特許の申請数は684件で、Alibabaの次に11位になっています。XiaomiはAI領域への投資の結果だと見られます。去年は85位だったが、今年で11位になるのは大きな成長ですね。

一方で、トップ3は全て米国企業で、IBM、マイクロソフト、グーグルの順になっています。トップ10に入っているのはBaiduの4位、テンセントの8位そしてアリババの10位になります。日本のNECも入っていて、9位になります。




follow us in feedly

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

関連記事