2019-03-14

SpotifyはApple社を起訴

世界最大手音楽ストリーミングサービス提供者のSpotifyはAppleを起訴しました。理由はAppStoreのアプリ内課金の30%の徴収ポリシーです。
Spotifyによると、この30%のアプリ内課金を徴収すると、実質SpotifyはApple Musicより競争力が劣ってしまいます。これは独占法に違反しているとSpotifyは指摘しています。

法律の専門家によると、Spotifyの起訴内容はロジカルで証拠も明確で、勝つ可能性は十分にあります。もしSpotifyは今回勝訴になると、Apple社のサービスやコンテンツ戦略にはかなり大きなインパクトを与えますね。




follow us in feedly

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

関連記事