2019-02-25

Netflixオリジナル作品ROMAローマは91回アカデミー監督賞を受賞

Netflixのオリジナル作品ROMA/ローマは91回のアカデミー賞で監督賞、外国語映画賞、撮影賞3つの賞を受賞しました。

今回はNetflixがアカデミーで初の受賞になります。映画製作業界やオンラインストリーミング業界にとっても、今回の受賞はかなり大きな意味を持っています。伝統的な映画製作会社や発行会社ではなくオンラインストリーミング会社がアカデミー賞と取ったのは、映画製作と発行業界に大きなインパクトを与えていると思います。

オリジナル作品に投資して大量にクォリティーの高い独自のコンテンツを製作する戦略を実行してから、Netflixは徐々に手ごたえを感じているんでしょう。これは株価にも反映されていると思います。良質なコンテンツはカスタマーを集める重要なポイントで、カスタマーを集めたらカスタマーの嗜好のデータもとれて、それを基にまたカスタマーの欲しいいいコンテンツを作っていく、というサイクルを構築できたら、Netflixのコア競争力も上がっていくんでしょう。

一方で、オンラインストリーミング業者としてこの戦略をとったのは初なので、これからの展開はどうなるかはまだまだ未知数であります。Netflixの今後の展開は楽しみですね。




follow us in feedly

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

関連記事