2019-02-12

瑞幸珈琲(Luckin Coffee)中国事業急速拡大

2月12日、瑞幸珈琲(Luckin Coffee)の公式発表によりますと、4月下旬から中国の18都市に拡大する計画です。
瑞幸珈琲(Luckin Coffee)は2019年内に中国全国40都市に2500店を新規出店する予定で、年末まで全国合計4500店舗を超える予定です。この計画を達成できると、店舗数及び販売コーヒーのカップ数において実質中国最大手のコーヒーチェーン店になります。

Trustdata去年9月発表したデータによりますと、瑞幸珈琲(Luckin Coffee)のDAUはすでに12万まで成長してきました。Pitchbookのデータによりますと、瑞幸珈琲(Luckin Coffee)は2018年の12月に、$200MのシリーズBで調達して$2.2Bのバリュエーションでユニコーンになりました。

瑞幸珈琲(Luckin Coffee)の成長スピードはスタバやcostaなどの老舗コーヒーチェーン店にも驚かせました。1999年に北京で初めての店舗をオープンしてから20年も経ちましたが、現状3,400店舗しかありません。今回瑞幸珈琲(Luckin Coffee)の計画は直接スタバなどの大手プレイヤーの事業戦略に衝撃を与えていると言われています。

中国のコーヒーの市場はまだまだ成長市場で、これからの成長余地も大きいです。現状中国トップティアの都市で、一年一人平均的なコーヒー消費量は20カップしかないですが、日本の380カップとアメリカの400カップと比べてみると、その成長余地はとてもわかりやすいでしょう。もちろん中国のコーヒーカルチャーを育てるのも時間かかる可能性がありますが、中国におけるコーヒーブームはいつか来るでしょう。

ちなみに、瑞幸珈琲(Luckin Coffee)はアプリもしくはWeChatの公衆号で注文ができるし、WeChat Payなどで簡単に決済することもできます。そのため、瑞幸珈琲(Luckin Coffee)の店で基本的には会計のスタッフがいなくて、全てのスタッフはコーヒー煎りに集中しています。店舗運営のコストやUXは既存大手プレイヤーにも優れていると言われています。

参考リンク:
https://mp.weixin.qq.com/s/4lUZj0Ttx2Wt7fAFo76Vfg
https://mp.weixin.qq.com/s/aoH_eINZCw3szGoHAtCHzg




follow us in feedly

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

関連記事