2019-03-05

JD.comはGoogleのネット通販プラットフォームを通して米国での商品を販売開始

JD.comはGoogleのネット通販プラットフォームを通して米国での商品販売を開始しました。JD.comは2018年6月の時Googleの$550mの投資を受けました。今回のこの提携は去年Googleの戦略投資した後初の成果だと思われています。

消費者は現状500種類のJDのプライベートブランJoybuyのプロダクトを購入できます。キーボードやヘッドフォン、キチン用品などのプロダクトがメインです。GoogleはJD.comと提携する目的は自社のネット通販事業を拡大する狙いです。JD.comはGoogleと提携する目的はGoogleを通して米国及び他の海外の国のネット通販マーケットにアクセスすることですね。JD.comはAlibabaに次いで中国ネット通販の2位大手プレイヤーであります。中国国内ネット通販競争が激化している中、海外進出はJD.comにとって重要な成長戦略でありますね。




follow us in feedly

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

関連記事