2023-01-22

2022年に暗号利用者が最も多い国トップ10

暗号通貨は、ほぼすべての国でそれに関する法律が制定されるほど、長い間存在しています。暗号通貨に最適な国の中には、より緩やかなアプローチで暗号通貨を繁栄させた国もありますが、一方で、厳しい暗号規制を課している国もあります。中国、エジプト、カタールなどでは、暗号通貨を全面的に禁止している国もあります。現在では、世界人口の10%が何らかの暗号通貨を所有しています。ビットコインをはじめとする暗号通貨の普及率は、過去1年間で800%以上も伸びています。ここで、明らかな疑問が浮かびます。暗号通貨に最も強気なのはどの国なのか?暗号利用者が多い国のトップは?まずは、2022年に暗号利用者が最も多い上位10カ国から見ていきましょう。


タイ – 20.1%の暗号通貨所有者

2022年11月現在、タイで最も取引されている暗号通貨はTetherで、市場全体の17.3%を占め、最も高いシェアを獲得しています。タイで取引されている他の主要な暗号通貨は、ビットコインとイーサリアムでした。タイは、2022年に暗号利用者が最も多い上位10カ国の1つです。

ナイジェリア – 19.4%の暗号通貨所有者

ナイジェリアは、ビットコインや類似のデジタル資産の価値が低下しているにもかかわらず、「crypto」という検索語と関連キーワードが記録されている世界で最初の国です。暗号通貨産業は、ナイジェリア人に新しい仕事の世界をもたらしました。世界でもトップ10に入る暗号国家です。

フィリピン – 19.4%の暗号通貨所有者

2022年11月、フィリピンユニオン銀行は、ビットコインとイーサカストディのパイロットプログラムを開始しました。また、一部の個人顧客に対して取引サービスを許可している。2020年夏、フィリピン中央銀行は16の暗号通貨取引所を承認し、そこでの市場の真のブームへの道を開いた。2022年に暗号利用者が最も多い上位10カ国の1つである。

トルコ – 18.6% 暗号通貨所有者

トルコの暗号取引所Paribuの2022年調査レポートによると、トルコでは少なくとも800万人が暗号に携わっているとのことです。トルコでは、暗号はインフレ、国家通貨、会社生活の制約からの解放を意味すると、提唱者は言います。暗号利用者が多い国の上位に入る。

アルゼンチン – 18.5% 暗号通貨所有者

2022年5月、アルゼンチンの中央銀行は暗号に関してルールを強化しました。例えば、現地の金融機関はもはや暗号関連のサービスを提供することはできません。多くのアルゼンチン人は、ペソから逃れる1つの方法として暗号通貨に目を向けています。Morning Consultの別の調査によると、アルゼンチン人の約3分の1は、少なくとも月に1回、暗号通貨を売買していると答え、米国の人々の割合の2倍となっています。世界トップ10の暗号国の1つです。

インドネシア – 16.4%の暗号通貨所有者

インドネシアでは、暗号通貨資産を決済手段として使用することは違法ですが、投資のための取引は商品市場で許可されています。現在、同国ではビットコインが最も人気のある暗号通貨として所有されており、インドネシアの投資家の間で最も取引額が高いデジタル通貨であり続けています。暗号利用者が多い国の上位に入ります。

ブラジル – 16.1%の暗号通貨所有者

先月、ブラジルのデジタル銀行Nubankは、”Nucoin “と呼ばれる暗号通貨のリリースを発表しました。”ブロックチェーンやWeb3などの新しい技術をさらに民主化することを望んでいる “と述べています。2022年のChainalysisのデータによると、ブラジルは暗号のために世界的にトップ10のアクティブな市場の1つです。2022年に暗号ユーザー数が最も多い上位10カ国の1つである。

シンガポール – 15.6% 暗号通貨所有者

シンガポール通貨監督庁(MAS)は、公認投資家の暗号取引へのアクセスを拡大し、多数の取引所が都市国家でデジタル決済トークン関連のサービスを提供するための予備認可を取得しました。暗号利用者が最も多い国の上位にランクインしています。

韓国 – 13.4%の暗号通貨所有者

韓国の暗号市場は活況を呈していますが、規制の制限もあり、孤立しています。このスペースは、Upbit、Bithumb、Coinone、Korbit、Gopaxの5つの主要なローカル取引所によって支配されています。2022年に暗号ユーザー数が最も多い上位10カ国の1つとなっています。

マレーシア – 13.2%の暗号通貨所有者

セキュリティ委員会がマレーシアで承認した暗号通貨の中には、BTC、ETH、Bitcoin Cash、Ripple、Litecoinなどがあります。ユーザーは、マレーシアで登録された取引所でデジタル通貨を購入することができます。マレーシアでの暗号通貨への投資は、規制されたプラットフォームを通じて取引する限り、安全です。それは、最も多くの暗号ユーザーがいるトップクラスの国の一つです。

免責事項:この記事で提供される情報は、あくまで著者の意見であり、投資アドバイスではありません – 教育目的でのみ提供されます。これを使用することにより、あなたは情報がいかなる投資または金融指示を構成するものではないことに同意するものとします。投資に関する決定を下す前に、ご自身で調査を行い、ファイナンシャル・アドバイザーにご相談ください。

原文:https://coinmarketcap.com/community/articles/63cc6367c5273659a93b7b30




follow us in feedly

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です