読書ノート:マネージャーの仕事(ヘンリー・ミンツバーグ)-論文

カナダのマギル大学の教授ヘンリー・ミンツバーグがマネージャーの実際の仕事の調査を行って、マネージャーの仕事の本質について研究をしました。ミンツバーグ教授によりますと、今まで産学でもマネージャーの職務に対する理解が不完全であり、長い間マネージャーの仕事に対して根本的な問いかけをしていなかったであります。
マネージャーは実際に何をしているかはっきりわからないと、マネージャーへの教育も本質的にできないと教授が指摘しています。

フランスの実業家アンリ・ファヨールが1916年に紹介されたマネージャーの仕事は「計画し、組織し、調整し、統制する」という考え方が主流だったが、実際のマネージャーの仕事内容を調査したら、それと全然異なる結果がでたということです。

ミンツバーグ教授によると、伝統的な考え方とは異なり、マネージャーはいろんな役割を担っていて、その様々な役割において柔軟に働きをしていることであります。
ミンツバーグl教授は「マネージャー」に対する定義は、「組織、あるいはそのサブユニットを預かっている人物」であります。CEO、副社長、宗教の指導者、職長、ホッケーの監督、総理大臣なども当てはまります。
マネージャーの役割は具体的に下記のように構成されています。

フォーマルな権限と地位  
対人関係における役割 ・看板的役割
・リーダー的役割
・リエゾン的役割
情報に関わる役割 ・監視者としての役割
・散布者としての役割
・スポークスマンとしての役割
意思決定に関わる役割 ・企業家としての役割
・妨害排除者としての役割
・資源配分者としての役割
・交渉者としての役割

マネージャーの仕事について、下記の図で古典的な考え方とミンツバーグ教授の考え方をまとめてみました。
Manager's Job Henry Minzberg

ミンツバーグ教授は、マネージャーが様々な役割で統合された職務であり、自分の仕事を内省できるマネージャーはこの職務をうまくこなす重要な要素であることを考えています。マネージャーの教育について、現在のビジネススクールなどの教育機関は真のマネージャーの教育をほとんど取り込んでいなくて、単純にと組織関係のスペシャリスト、マーケティングリサーチャー、会計士、組織開発の専門家などしか教育できていないと教授が指摘しています。マネージャーの仕事の本質に理解できないまま真のマネージャーの教育も行うことができません。

より効果的なマネジメントを目指したい場合、下記の「マネージャーのための自習問題」を真剣に取り組んでいくべきであります。

  1. 情報をどこで、どのようにして入手するか。
  2. 組織内でどのような情報を発信しているだろうか。
  3. 情報収集と行動のバランスが取れているだろうか。
  4. 変革のペースがどの程度であれば私の組織は許容できるのだろうか。
  5. 部下の提案について判断を下すのに十分なだけの情報を得ているだろうか。
  6. 私の描く組織の将来像は何か。
  7. 私のマネジメント・スタイルに部下はどのように反応するだろうか。
  8. どのように外部との関係を保持しているだろうか。
  9. スケジュール作りにきちんと筋道が立っているだろうか。
  10. オーバーワークではないか。
  11. やり方が上滑り過ぎていないか。
  12. 今起こっている具体的な業務にのめり込み過ぎていないだろうか。
  13. 異なるメディアを適切に使っているか。
  14. 自分自身の権利と義務をどのようにバランスしているか。

興味のある方は、ミンツバーグ教授の本を読んでみてください。

ミンツバーグ マネジャー論 エッセンシャル版 [ ヘンリ・ミンツバーグ ]

価格:2,160円
(2017/10/15 23:01時点)
感想(1件)

マネジャーの仕事 [ ヘンリ・ミンツバーグ ]

価格:3,456円
(2017/10/15 23:02時点)
感想(0件)

マネジャーの仕事

新品価格
¥3,456から
(2017/10/15 23:04時点)

エッセンシャル版 ミンツバーグ マネジャー論

読書ノート:Life Shift(ライフシフト)

本書の基本コンセプト:人類の寿命が長くなる。今までの生き方が変わる。

LifeShiftの基本コンセプト

日本語版序:寿命が長くなると

  • 過去のモデルは役に立たない
  • 「若い」「老いている」の概念が変わる
  • 人生に新しいステージが現れる
  • パートナーの両方が職を持つメリット
  • 就職、引退の常識が変わる
  • 年金や人口減の問題が和らぐ

100ライフになると何が変わる?

  • 70代、さらに80代まで働く
  • 新しい職種とスキルが登場する
  • お金の問題が全てではない
  • 人生はマルチステージ化する
  • 変化ぎ当たり前になる
  • 人生の新しいステージが現れる
  • レクリエーションから、リ・クリエーションへ
  • 「一斉進行」が終わる
  • 選択肢を持っておくことの価値が増す
  • 若々しく生きる
  • 家庭と仕事の関係が変わる
  • 実験が活発になる人事制度をめぐる戦いが始まる

 

無形資産の分類:

  • 生産性資産:スキル、知識、仲間、評判など
  • 活力資産:健康、幸福、友人、家族関係
  • 変身資産:セルフ認知

技術の進化や科学の進展により、人にとって無形資産がますます重要になって行く。
「お金偏重の人生を、根底から変える。成長至上の次に来る、新しい生き方。」

ハーバード大学のジョン・キャンベル教授によると、市民が投資において犯しがち過ちのパータン:

  • 株式への投資が少なすぎること。(分散投資もあんまりしていない)
  • 「局所のアドバイス」の影響を受けやすいこと。
  • 勤務先企業の株式を保有しすぎること。
  • 値上がりしている資産を売却し、に下がりしている資産を保有し続ける傾向がある。
  • 投資資産を放置しがちなこと。(ポートフォリオを変更しないこと)

投資の際の注意点:

  • コストに注意を払う(運用会社の手数料)
  • ポートフォリオを管理する

100年ライフの時間配分

  • 労働時間を減らし、休暇を増やす
  • 個人と企業の衝突
  • 時間の構成に関する多様性が増やす
  • 高スキルの職には5.0シナリオが理にかなう

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略 [ リンダ・グラットン ]

価格:1,944円
(2017/9/30 20:17時点)
感想(6件)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略